こまさ日記 | TOP > 言の葉
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2012.01.22 (日)

言の葉



昨日までの雨がこんなにも空気を美しくしてくれたのね。朝、窓開けたら、妖精たちがいそう…

先日、テレビ見てたら、日本語の勉強をしてるブラジル女性に、何で日本語を?という問いに「言葉の意味が美しいから」という答。日本人より日本人じゃない?ちなみに、一番好きな言葉は、「木漏れ日」だって。私も日本語って素敵だなと思う。雪にもいろいろある。細雪、牡丹雪、なごり雪…言葉で情景描写、心の描写までわかる日本語ってすばらしい。ま、いつか孫でもできたら、ばあさん、万葉集でも聞かせるか。←古すぎるー

言葉と言えば、今、マイブームの斉藤和義、スマップの僕の半分って歌作った人ですが、やっぱ、言葉がきれい。いまどきの歌はついてけないけど、この人の曲は好きです。そうです、映画の中で高良君の歌ってるフィッシュストーリーも斉藤和義の曲だった。いい歌だと思った。←またまた高良ネタですみません。

こぶしの花が入荷しました。北国の春ってか。こぶし咲く、あの丘北国のぉー北国のーはーる古い女だな(つくづく)

こまさ君、万年、春です。床暖房でグーグー。本当の春よ来い。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。